外為ジャパンFXでFX投資

外為ジャパンFXでの取引のコツや口コミ・評判、スプレッド、スワップポイント、取引通貨、特典、チャート、デモトレード、為替投資情報、口座開設の流れや、簡単な始め方を紹介。

外為ジャパンFX口コミと評判をまとめました。

外為ジャパンFXなら初心者でも扱いやすいチャートとアプリで楽々トレード。USD/JPYのスプレッドは原則固定0.3ポイントでお取引が可能。レバレッジは25倍までの取引が可能。業界内でも非常に狭いスプレッドなので初めての人にもGOOD!


外為ジャパンFXでの取引のコツや口コミ・評判、スプレッド、スワップポイント、取引通貨、特典、チャート、デモトレード、為替投資情報、口座開設の流れや、簡単な始め方を紹介。

外為ジャパンFX詳細情報

■証券口座名正式名称

外為ジャパンFX


■取引方法

インターネットモバイルまたはPC


■申込みできる方

満20歳以上で、本人に安定持続収入のある方や資産のある方、アルバイト・パート・派遣や学生の方、また本人の配偶者に毎月安定した定期収入が入ってくる方。


■通貨ペア

USD/JPY (米ドル/円)
EUR/JPY (ユーロ/円)
GBP/JPY (ポンド/円)
AUD/JPY (豪ドル/円)
NZD/JPY (NZドル/円)
CAD/JPY (カナダドル/円)
CHF/JPY (スイスフラン/円)
ZAR/JPY (南アフリカランド/円)
EUR/USD (ユーロ/米ドル)
GBP/USD (ポンド/円)
AUD/USD (豪ドル/米ドル)
NZD/USD (NZドル/米ドル)
EUR/GBP (ユーロ/ポンド)
USD/CHF (米ドル/スイスフラン)
USD/CAD (米ドル/カナダドル)


■主要スプレッド

USD/JPY(米ドル/円)
0.3ポイント

EUR/JPY(ユーロ/円)
0.6ポイント

GBP/JPY(英ポンド/円)
1.1ポイント

AUD/JPY(豪ドル/円)
0.7ポイント

NZD/JPY(NZドル/円)
1.5ポイント


■お取引時間

冬時間:月曜AM7:00〜土曜AM6:50

夏時間:月曜AM7:00〜土曜AM5:50


■メンテナンス時間

冬時間:火曜−土曜AM6:50〜7:10はメンテナンス時間
夏時間:火曜−土曜AM5:50〜6:10はメンテナンス時間

※上記メンテナンス時間は、ログイン可能ですが、その他操作は行えません。

土曜日 PM12:00〜18:00

※上記はメンテナンス時間となり、ログインできません。


■最低単位

各1,000通貨単位〜対応


■取引上限

1回の注文数量は300万通貨まで
投資上限は全通貨の合計で4,000万通貨まで
※人民元/円・香港ドル/円・ユーロ/英ポンド・ユーロ/豪ドル・米ドル/スイスフラン・ユーロ/スイスフラン・英ポンド/スイスフラン・豪ドル/スイスフラン・カナダドル/スイスフラン・米ドル/香港ドルのに限り、一度の注文数量は100万通貨までとなります。


■スワップポイント

期間により決まったレードにて毎日発生。
違う通貨のうち、高金利通貨を買い持ちした場合には、もう一方の通貨との金利差を受取る(利益)ことになり、売り持ちした場合には金利差を支払う(損失)ことになります。

ポジションを持ち、ニューヨーク時間のクローズを迎えると、スワップポイントが発生いたします。
現金として授受できるのは翌営業日ニューヨーク時間のクローズ後となります。
※国内外の祝祭日の影響により、ニューヨーククローズ時点でポジションを保持していてもロールオーバーが行われないため、スワップ金利が発生しない営業日があります。

注)スワップポイントや取引証拠金は為替相場の変動により変わる時がありますので、最新情報につきましては、外為ジャパンFXスワップポイントについての項目をご覧ください。


■ロスカット水準

証拠金維持率が60%を下回った時


■入金と出金

・クイック入金は24時間いつでも入金可能。

・普通入金は、振込み日から概ね翌営業日以内にお客様の口座に反映します。

・出金は出金依頼後、概ね翌営業日以内にお客様の口座に入金いたします。

・クイック入金の振込み手数料は、外為ジャパンFXで負担いたします。

・普通入金の振込み手数料はお客様のご負担になります。

・出金時の振込み手数料は、外為ジャパンFXで負担いたします。


■その他

FX取引とは、原資や利益が保証された金融商品ではありません。トレードした通貨にて、相場の変化による価格変動やスワップ金利の変化により、損失が発生することがあります。

レバレッジ効果では、貴方がご入金になった元金以上のトレードが可能となりますが、元金以上の損失が発生するおそれもあります。個人のお客様のトレードに必要な証拠金は、各通貨ペアのレートにより決定され、お取引額の4%相当となります。

原資の25倍までのトレードができます。(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。。)

外為ジャパンFXは法令上要求される区分管理方法の信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること等から、いかなる場合でも必ず貴方から預かった原資が全額返還されることを約束するものではありません。

ロスカット取引は、必ず約定した損失の額で限定するというものではありません。通常、あらかじめ約定した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失額はロスカット水準より大きくなる可能性が考えられます。また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によっては貴方よりお預かりした原資以上のマイナスが生じることがあります。

トレードの開始にあたり、外為ジャパンFXの契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の決断にて投資していただくようお願いいたします。


■会社概要
 
株式会社DMM.com証券(DMM.com Securities Co.,Ltd.)

◆ホームページアドレス
http://www.gaitamejapan.com/

◆会社所在地
〒103-0027 東京都中央区日本橋2-16-11 日本橋セントラルスクエア2階

◆金融商品取引業者登録
平成19年9月30日 第一種金融商品取引業
関東財務局長(金商)第1629号

◆加入する協会及び認定投資者保護団体等
日本証券業協会(協会員番号1105)
一般社団法人 金融先物取引業協会(協会員番号1145)
日本投資者保護基金
日本商品先物取引協会

◆事業内容
国内外の上場有価証券の取次ぎ業務
店頭デリバティブ取引業務(FX・CFD)
店頭商品デリバティブ業務

 

 

 

為替取引では、長期資産運用とスワップポイントを考える戦略がオススメ。

.

FX投資で資産作りをするなら、レバレッジを管理しながら金利の高い通貨でスワップポイントを狙う方法があります。
為替取引で負けるほとんどの方は、無理のあるレバレッジで博打のようなトレードをする人です。確かに、予想を外すことがなければ100万円は驚くべきスピードで1000万円になります。やはり、それは逆に1000万円も短期間で100万円に減ってしまう可能性があるということなのです。

本来、為替取引というものはギャンブルのように資本をあっという間に増やすようなものではありません。通常は年利3%ほどで、10%も運用できればやり手だと言われています。インターネット上では、1000万円を10万円にしたという笑えない話から、10万円を6億円にしたという羨ましいかぎりの話で溢れかえっていますが、このような体験談は全て危ないレバレッジで行われた倍々ゲームであり、博打なのです。そういった人間が100人いれば、1人は何十連勝もする運の良い人がいるものです。しかし、たいていはどこかで大きなマイナスをして引退してしまいます。

その点、金利の高い通貨でスワップポイントで儲けるのであれば、たとえ暴落してしまったとしても、スワップ金利狙いなので更に安く買えると考えて追加投資可能ですし、マイナスを管理しながら毎日少量ながら儲けを出していくことができます。
スワップ金利のみで年利2〜3.5%ほどの儲けをあげることができます。もちろん、購入した時点から純利益が出れば、スワップ金利に加えて純利益も大きく加算されますので年利20〜50%も夢ではありません。

例えば、高金利通貨である豪(オーストラリア)ドルは、ここ10年で100円突破が5回、80円割れが10回以上あります。たとえ100円付近で購入してしまっていても、ここ10年の例に従うならば、レバレッジを大きくせずでスワップポイントを得ながら値が回復するのを待ち、80円台近くになったら新たにまた低レバレッジでポジションを持ってスワップポイントを得るのも良いでしょう。
豪ドルであれば、10,000通貨を10ロットほど保持していれば、月に15000円程のスワップ金利が発生します。一年にすると、およそ15〜17万ほどのスワップ金利が発生します。
二年目にそれほどマイナスが発生していなかったり、トレンドが利益の出る方向にあれば、大きく下落した際に追加購入して、12ロット保有したとします。すると、月に入ってくるスワップポイントは18000円ほどになり、一年では18〜20万円の利潤を獲得することが可能になるのです。
例のように含み損を抱えながらの長期資産形成と福利を据えた投資が一番マイナスにならない運用といえます。